読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ghetto Heaven Ⅱ

音楽ファンサイトCSDを終焉させた大峠雷夢の雑記

ひとりの求愛者

昔々、あるところに、おじいさんとおばあさんとアンパンマンがいました。

アンパンマン「おじいさん、すいません、長いことお世話になってしまって!」

おじいさん「いいんだよ。ジャムがあんなことになってしまって、おまえは身寄りがないのだから、気にすることはない」

おばあさん「そうじゃよ、アンパンマン。ジャムは、かわいそうなことになってしまったけど、希望をお持ちよ」

アンパンマン「ジャムっていうなぁぁーーー!!」

おじいさん「だってほら、私たちからしたら、おじさんではないし!(しれっと)」

おばあさん「むしろ、息子くらいの歳なのよジャムは!」

アンパンマン「うぐぐ・・・」

おじいさん「それよりお腹が空いたよばあさん」

おばあさん「おじいさん、ごめんなさいねー。今月は、バイキンマンさんの取立てが酷くて、食べるものがないんですよ」

おじいさん「ひ、ひもじいのう・・・」

おばあさん「仕方がないですよ、おじいさん」

アンパンマン「ぼ、ぼくの顔をお食べよ!!」

おじいさん「なんてことを言うんだアンパンマン

おばあさん「そうですよ!」

アンパンマン「困っている人を放っておけない性格なんです」

おじいさん「そんなことをしたら、ジャムのいない、この世界ではおまは、2度と復活できなくなってしまうんだぞ」

おばあさん「そうですよ!美味そうだけど!」

アンパンマン「いいんです!ぼく、おじいさんとおばあさんの役に立ちたいんです!」

おじいさん「しかしなぁーこんな老いぼれを生かしたところで、悪から世界を救えるわけでもないのだ・・・」

おばあさん「でも、ちょっとだけならいいんじゃないのおじいさん」

おじいさん「おまえは、なんてことをいうんだ!」

おばあさん「でもほらー美味しいそうよ!」

アンパンマン「そうですよ!食べてください」

おじいさん「いいや、ダメだ!いずれ数百人、いや、数千人、いいや、この世界を救うかもしれぬ者の命を、こんな年寄りが食べたとあっては・・・あっ!ばあさん!!!」

おばあさん「ムシャムシャムシャムシャ」

アンパンマン「うぎゃーーー」

その時の、ばあさんは本当に恐怖だった。

ばあさんは、人ではない何かに魂を売ってしまったんだと思う。

ばあさんは、アンパンマンを美味しく召し上がった後に

じいさんの方をジロリと見ると

今度は、じいさんの方に襲い掛かってきた

じいさんは、思い出した。

そういえば、祝言をあげたその日に、ワタシは、ばあさんに襲われたのだ

あの頃は、ばあさんも麗しき美女で

そりゃーもう言葉に言い表せない初夜であった。

はっ!!!

どうやら、逃げ延びる際に、どこかに頭を強く打って

気を失っていたらしい。

振り返ると、ばあさんは、しょくぱんマンさんや、カレーパンマンさんを

ムシャムシャと、食べながら

「じじいー!どこにいったー」

と、叫んでいた。

体重がなかなか減らないの

去年買ったお気に入りのお洋服が入らない

今夜は、えっちぃランジェリーよ

もうあの頃のばあさんはいない

うふふ!今夜は、あなたと一緒に007よ

秘密は共有するためにあるの、だから1人で秘密を作らないで!

あなたのサヨナラホームランが見てみたい

もうあの頃のばあさんはいない

トイレ我慢してたら、漏らしちゃった♪

あの国に、ミサイル打ち込んどいたわよ♪

りんご、ゴリラ、ライオン!わーしりとりって難しい!

もうあの頃のばあさんはいない

もうあの頃のばあさんはいない

もうあの頃のばあさんはいない

もうあの頃のばあさんはいない





やまださぁーーん!

はーーい!

まーた、おじいさんの妄想始まってるわよーー

あーもう!

おじいさん、ダメですよー!

空想世界では、生きていけないの!

ちゃんと、現実と向き合って生きていかないとー

じゃ、また3時に診察来ますからねぇー

ちゃんちゃん。