Ghetto Heaven Ⅱ

音楽ファンサイトCSDを終焉させた大峠雷夢の雑記

いつか僕らもクロノスチェンジ

さーて、今日も1日が終わったー

 

ってことで、マンネリ化した毎日にだんだん嫌気が差しているんだが

 

それを改善するでもなく、前進も後退もない停滞というそれに浸かっている

 

新しい事を本当に始めるのならば、今ある全てを投げ出さなくてはいけない

 

って、何かに書いてたと思うんだけど

 

年齢を重ねれば、重ねるほど、あるものの大事さとか愛着とか

 

まぁーこの場合、性格的なところが大きいような気がするんだけどん

 

そうですね!なかなか捨てられないのです。

 

 


 

【Your nose hair shows!】 書いたものの続きです

 

「ねぇねぇ!Nasって、ナスなの?ナズなの?」

とても綺麗な顔した女が急に話し掛けてきた

「えぇーっと、ナスでもナズでもどっちでもいいと思いますよ。あっでも、ライターとか、ヘビーリスナーとかは、ナスって呼ぶ方が多いかも」

昔読んだBlack Musicの本にそんなようなことが書いていた知識を、さも自分の知識かのようにしゃべった。

「ふ~ん!そうなんだぁー。でもあたしはズでいこ!だって濁点の方がかっこいいし♪」

「まぁーそうですねw」

と、笑顔で返事を返したが、初対面のこの綺麗な顔をした女は、鼻毛がこんにちはしている。

こんなことを考えている間も、オシャレなショットバーに隣通しで座った、僕と綺麗な顔の女は

お酒の入った勢いで、くだらない話を淡々と続けている

僕は、くだらない話を続けている最中、目線は、つい鼻元にいってしまっているのだが

その鼻元から見える鼻毛がまるで、訓練を受けた狙撃手(スナイパー)のように

一瞬出てきては、また引っ込んで、そらぁーもぉー何度も何度も脳天にピストルを浴びているような感じだ

綺麗な顔に鼻毛、なんということだ・・・

彼女に鼻毛でてますよ?

と、いうべきかどうか・・・

いやいや、さすがにいえない。

そうだ!僕も鼻に手をあてて、さり気なく鼻に意識を持たせれば

お手洗いなんかに行った時に、鼻毛に気がついてくれるかもしれない

あぁーうん。この方法なら、少しは傷つけずに鼻毛くんの存在に気づいてくれるかもしれない

そしたら、僕は、彼女と暖かい家庭を築けるかもしれない。

おおっと!これは、少し頭の中で想像は飛躍しすぎてしまったな!!

さりげなく、鼻をボリボリと・・・

知ってか、知らずか?

彼女は突然に

「お手洗いにいってくるねー!あと、これと同じのマスターに頼んでおいてよー!君のおごりでねぇー」

なんて、もう素敵なくらいいい感じの雰囲気なんだけど

もうね!完全に鼻毛くんが邪魔をしてくれる

すげーよ!鼻毛!すごい破壊力だよ鼻毛!

世の中に、鼻毛ほど、成長しないで欲しい毛もないんじゃないだろうか

まぁー鼻からの細菌の防御なんだろうけど

そんなものは、知らない!

 

 

お手洗いから帰ってきた彼女は、マスターにお酒をもらって当然のように僕の隣に座って言った

 

「ねぇーこの後、どうする?」

 

僕は、一瞬彼女に心奪われたが、彼女の鼻を覗くと反対側の鼻の穴から2人目のスナイパーがこちらを完全にこちらを捉えていた

 

「こんにちは」 

 

 

 

 

おわり。

 

f:id:raimu6666:20170905005924j:plain